Cary 7000 UMS を用いた、キューブ型ビームスプリッターの光学特性の迅速で精密な測定

Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) を用いた、キューブ型ビームスプリッターの光学特性の迅速で精密な測定

Pub.No. 5991-2522JAJP

【要旨】

Agilent Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計を用いてキューブスプリッターの透過、反射、吸収率の自動測定を行いました。得られたスペクトルは、製品開発段階では開発者にとって非常に有益な情報となります。品質管理においては最終検査をコントロールできる情報となります。Cary 7000 の高い生産性は、ルーチン分析での要求に応えます。

分野 材料試験・研究
キーワード キューブスプリッター、光学、透過、反射、FTIR,Cary、 UMS、多角度可変自動測定 
掲載年月 2013/09
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 221kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Cary 7000 UMS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

s および p 偏光の吸収スペクトル