サンプル前処理ワークベンチを使用したGC/MS/MS によるエストロンの分析

Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチを使用したGC/MS/MS によるエストロンの分析

Pub.No. 5991-1695JAJP

【要旨】

内分泌攪乱物質の分析は多くのラボで需要が高まっており、それは臨床化学、産業暴露、創薬および薬剤開発、また新たな汚染や残留性有機汚染物質を含む環境分析など、様々な分野へ広がっています。そのため、実際に分析を行うラボでは、分析装置に加えて、サンプル前処理の精度および再現性の維持にも負荷がかかっています。このアプリケーションノートでは、Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチによる自動化ワークフローを使用したGC/MS/MS 分析について説明します。

分野 環境製薬/バイオ医薬品
キーワード 内分泌攪乱物質、エストロン、サンプル前処理、自動化、GC/MS/MS 
掲載年月 2013/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 247kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

E1 の検量線: 5 つのレベルにおける3 回の繰り返し注入