環境水サンプルのターゲットスクリーニングと新たなデータベースの作成

環境水サンプルのターゲットスクリーニングと新たなデータベースの作成

Pub.No. 5991-1431JAJP

【要旨】

水政策枠組み指令(WFD) の導入に対応するために、Agilent 5975 シリーズGC/MSD のデコンボリューションレポート作成ソフトウェア(DRS) を用いて、複数残留物質のスクリーニングメソッドを開発しました。また、揮発性有機化合物(VOC) と半揮発性有機化合物(SVOC) を含む1000 種類を超えるターゲット化合物を網羅した新たなデータベースを作成しました。これにより、抽出サンプル中の有機汚染物質の迅速な同定およびレポート作成が可能になります。

分野 環境
キーワード 環境、WFD、GC/MS、DRS、 SVOC、 VOC、 5975、Environmental、 VOCs、 SVOCs、 Pollutants、 GC-QQQ 、 Water 
掲載年月 2013/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.18MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5975C シリーズ GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

抽出したRestek 502.2 VOC 混合液1 μg/L のクロマトグラムの揮発性物質セクション