トリプル四重極 GC/MS を使用したヒト尿中 PAHs 代謝物の ppt レベルの分析

Agilent 7000B トリプル四重極GC/MS を使用したヒト尿中PAHs 代謝物のppt レベルの分析

Pub.No. 5991-0991JAJP

【要旨】

Agilent 7000B トリプル四重極 GC/MS システムを使用して、尿に含まれるきわめて低濃度の多環芳香族炭化水素(PAHs) 代謝物を高い感度で確実にモニタリングするためのメソッドを開発しました。得られた検出下限(LOD) は0.7 ppt、定量下限(LOQ) は2.5 pptと低く、19 種類のすべてのPAHs 代謝物について100 % に近い回収率を達成しました。このメソッドは、カナダ健康指標調査(CHMS) で使用するために開発されたものです。

分野 環境
キーワード 多環芳香族炭化水素、PAHs、PAH、 尿中代謝物、ppt、環境、CHMS、GC/MS、 
掲載年月 2013/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 263kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7000 シリーズ トリプル四重極 GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

3 種類のヒドロキシPAHs の分離を示す代表的なクロマトグラム