トリプル四重極 GC/MS システムを使用した魚類組織中の臭素化難燃剤(BFRs) の測定

Pub.No. 5991-0887JAJP

最適化された抽出/クリーンアップ手法と Agilent 7000 トリプル四重極 GC/MS システムを使用した魚類組織中の臭素化難燃剤(BFRs) の測定

このアプリケーションノートでは、魚類筋肉組織に含まれるポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDEs) と各種の代替臭素化難燃剤(ABFRs) をハイスループットで高感度、そしてコスト効率の高い同時定性および定量分析メソッドの開発およびバリデーションについて説明します。

分野 食品
キーワード 食品安全、魚、臭素化難燃剤、BFRs、 ABFR、 GC/MS、 GC/MS/MS、 PBDE、  
掲載年月 2013/05
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 405kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 406KB)

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 7000B トリプル四重極 GC/MS システム

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

5 μg/kg でスパイクした魚類筋肉組織のクロマトグラムの例(GC–EI–MS/MS)