単一細胞を用いた高解像度オリゴ aCGH 解析を24 時間で

単一細胞を用いた高解像度オリゴ aCGH 解析を24 時間で

Pub.No. 5991-0643JAJP

【要旨】

細胞ごとに異型のゲノム構造をとることがあり、個々の細胞のゲノムをマイクロアレイで解析できると、がんや生殖の研究を大きく促進できます。Agilent SurePrint G3 Human Catalog 8x60K CGH マイクロアレイは高解像度、高感度ながら費用効果が高く、ゲノムの量的不均衡の検出に力を発揮します。

分野 ゲノミクス
キーワード マイクロアレイ、高解像度、 オリゴ、 aCGH、 解析、単一細胞、SurePrint G3、Human Catalog 8x60K CGH マイクロアレイ 
掲載年月 2012/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 466kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
マイクロアレイ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

SurePrint G3 8x60K CGH マイクロアレイに 16 時間ハイブリダイズさせたサンプルで同定された CN 変化