血液サンプル中乱用薬物の高速検出メソッド

サーマルセパレーションプローブと5975T LTM GC/MSを用いた血液サンプル中乱用薬物の高速検出メソッド

Pub.No. 5991-0333JAJP

【要旨】

可搬型 Agilent 5975T LTM GC/MS で革新的なサーマルセパレーションプローブ(TSP) サンプル導入テクニックを用いて、全血中薬物を検出する新たな高速定性メソッドを開発しました。サンプル精製は不要で、デコンボリューションレポート作成ソフトウェア(DRS) を用いてデータ処理を能率化しました。分析した薬物のうち熱的に安定な 56 種類については、94 % 以上でメソッド検出下限は5 ng/μL でした。

分野 法医学
キーワード 法医学、乱用薬物、血液、サンプル前処理、GC、 GC/MS、 Agilent 5975T  
掲載年月 2013/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 174kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5975T LTM GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

TSP を用いた新高速メソッドで分析した薬物スタンダード添加溶液のトータルイオンクロマトグラム(TIC)
薬物名はアプリケーションノート表2に掲載