GC/Q-TOFMS および MPP ソフトウェアによるオリーブオイルのキャラクタリゼーション

Agilent GC/Q-TOFMS および Mass Profiler Professional ソフトウェアによるオリーブオイルのキャラクタリゼーション

Pub.No. 5991-0106JAJP

【要旨】

オリーブオイルがエキストラバージンオイルの官能検査に合格するかどうかを予測するためのモデルを構築しました。Agilent 7200 シリーズQ-TOF MS と組み合わされたAgilent 7890A GC システムを使用して電子イオン化(EI) とポジティブ化学イオン化(PCI)、両方のモードで精密質量分析を行い、オリーブオイル中の多くの化合物を検出しました。このデータについてMass Profiler Professional ソフトウェアを使用して統計解析を実施し、5 つの特徴的な化合物の有無を使用して、オリーブオイルが官能検査に合格するかどうかを正確に予測する分類モデルを構築しました。

分野 食品
キーワード オリーブオイル、GC Q-TOF、官能検査、MPMソフトウェア、多変量解析、GC、GC/MS、Q-TOF 
掲載年月 2012/08
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 773kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

相対面積フィルタを最大ピークの 0.1 % と設定すると、通常はクロマトグラフィデコンボリューションによって約150個のピークが検出されます。