水中のエコフレンドリー油分分析

ASTM 7678-11 に基づいた FTIR分光法による水中のエコフレンドリー油分分析

Pub.No. 5990-9806JAJP

【要旨】

赤外 (IR) 分光法は、長年にわたって水中の油分の量を測定するために使用されてきましたが、フーリエ変換赤外 (FTIR) 分光光度計における最近の進歩により、高感度と携帯性の両方が実現し、水中油分のオンサイト分析が可能になります。アジレントのポータブルな中赤外分光光度計である Cary 630、4500 および 5500 シリーズ FTIR 用いた、水中油分の ASTM D7678 への適用を紹介します。

分野 環境エネルギー&石油
キーワード ASTM 7678-11、 FTIR、分光法、油分分析、IR、630、 cary、  
掲載年月 2013/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 871kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Cary 630 FTIR
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

DialPath アクセサリを備えた Agilent Cary 630 FTIR 分光光度計で測定されたシクロヘキサンの
FTIR スペクトル