ZORBAX RRHD 300 Diphenyl カラムを使用した還元型およびインタクトモノクローナル抗体の超高速/高分離能の分離

Agilent ZORBAX RRHD サブ 2μm 300 Diphenyl UHPLC カラムを使用した還元型およびインタクトモノクローナル抗体の超高速/高分離能の分離

Pub.No. 5990-9668JAJP

【要旨】

Agilent ZORBAX ラピッドレゾルーション High Definition (RRHD) 300 Diphenyl 逆相カラムと最適化されたクロマトグラフィー条件を使用することにより、インタクトおよび還元型モノクローナル抗体 (mAbs) の迅速な分離を実現しました。独自のジフェニル相と堅牢なラピッドレゾルーションHigh Definition カラム技術を最適化されたグラジエント条件と組み合わせることで、超高速分離と優れたピーク形状を達成し、mAb の高スループット特性解析のための有効性を実証しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード インタクトモノクローナル抗体、超高速/高分離能、RRHD、LC、LCカラム 
掲載年月 2012/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 969kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ZORBAX ラピッドレゾリューション High Definition カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

異なる最適化グラジエント条件の下、Agilent ZORBAX ラピッドレゾルーション High Definition 300 Diphenyl (2.1 x 100 mm) で得られた、還元型モノクローナル抗体の 2つの超高速分離の比較。