菓子類に含まれる着色料の分析

菓子類に含まれる着色料の分析

Pub.No. 5990-9525JAJP

【要旨】

合成または人工着色料は、商品の外観を良くする目的で食品や飲料の添加物として使用されています。この実験では、10 種類の合成着色料を同時に測定するための堅牢な逆相高速液体クロマトグラフィー (RP-HPLC) メソッドを開発しました。分離と定量は、Agilent Poroshell EC-C18 カラムを使用して Agilent 1260 Infinity LC システムにより行いました。メソッドの堅牢性は部分的バリデーションにより確認しました。菓子類からの着色料の分析結果から、このメソッドが構成成分の多い食品中の合成着色料の定量に適していることがわかりました。

分野 食品
キーワード HPLC、 UHPLC、 LC、 RP-HPLC、 食品、着色料、1260 Infinity、 1290 Infinity、 7696A Sample Prep WorkBench、5990-9525JAJP 
掲載年月 2013/04
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1.26MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Infinity シリーズ LC システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

15 cm の Agilent Poroshell 120 EC-C18 カラムを使用した 10 種類の着色料の分離。7 つの異なる波長のトレースを重ね書きしました。