ステビア葉中のステビオシドおよびレバウジオシド A の定量

Agilent 1260 Infinity LC を使用したステビア葉中のステビオシドおよびレバウジオシド A の定量

Pub.No. 5990-9524JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent 1260 Infinity LC を使用したステビア葉抽出物に含まれるステビオシドおよびレバウジオシド A の定量について説明します。いずれの化合物も、R2 値は 0.9999 を超え、1 ~ 1,000g/mL の範囲で優れた直線性を示しました。2 つの化合物の LOD と LOQ の値は、いずれも 1.0g/mL であることがわかりました。実試料においても、良好な結果が得られました。

分野 食品環境
キーワード このアプリケーションノートでは、Agilent 1260 Infinity LC を使用したステビア葉抽出物に含まれるステビオシドおよびレバウジオシド A の定量について説明します。いずれの化合物も、R2 値は 0.9999 を超え、1~1、000 g/mL の範囲で優れた直線性を示しました。2 つの化合物の LOD と LOQ の値は、いずれも 1.0 g/mL であることがわかりました。実試料においても、良好な結果が得られました。 
掲載年月 2012/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 352kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1260 Infinity LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

化合物添加有りおよび無しのステビア葉抽出物の重ね書きクロマトグラム