原油中バイオマーカーの分析

Agilent 7200 GC/Q-TOF を用いた原油中バイオマーカーの分析

Pub.No. 5990-9477JAJP

【要旨】

原油に含まれる(アルキル-) ジベンゾチオフェン、ホパン、ステランなどのバイオマーカーの分析は、原油源の分析、石油流出源の特定といった多くの石油化学アプリケーションで用いられています。この分析は通常、複雑なサンプル前処理および分離ののちに、GC/MS によりおこなわれます。高分解能飛行時間型質量分析を使えば、分離をおこなわずに希釈サンプルを分析することができます。優れた選択性により精密質量で任意のイオンを抽出することで、分析対象のバイオマーカーを測定できます。

分野 エネルギー&石油環境
キーワード バイオマーカー、原油、石油、石油化学、GC/MS、GC、Q-tof、質量分析、精密質量 
掲載年月 2012/08
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 416kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

原油のトータルイオンクロマトグラム。DBT の溶出時間を矢印で示しています。