ヒト血漿からの酸性化合物の抽出

Plexa PAX を用いたヒト血漿からの酸性化合物の抽出

Pub.No. 5990-9027JAJP

【要旨】

製薬業界で用いられる生体試料中の分析対象化合物は、多くが塩基性であり、疎水性またはカチオン交換充填剤により簡単に抽出できます。しかし、脂質低下薬のスタチンや抗炎症薬は、本質的に酸性となる傾向があります。こうした化合物は、従来の疎水性相互作用の充填剤を用いた抽出では、問題が生じることがあります。こうした化合物に適した、ポリマ系強アニオン交換充填剤が、新たに登場しました。

Plexa PAX を用いて、酸性化合物に適した簡単な汎用メソッドを開発しました。充填剤ベッドからの分析対象化合物の回収率、抽出サンプルのレスポンスの直線性、添加血漿サンプル分析の精度と正確性を調査することにより、メソッドの性能を評価しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 血漿、酸性化合物、Bond Elut Plexa PAX、 PAX、 Plexa PAX、 Plasma、 SPE、 
掲載年月 2012/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 165kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Bond Elut Plexa PAX
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ヒト血漿の 50 ng/mL 抽出サンプルから得られたクロマトグラム