ハーバルインセンスブレンド中の合成カンナビノイドの確認および定量

トリプル四重極 GC/MS によるハーバルインセンスブレンド中の合成カンナビノイドの確認および定量

Pub.No. 5990-8987JAJP

【要旨】

合成カンナビノイドを含むハーバルインセンスブレンドの使用が危険なほど迅速に広まりつつあるため、今日の法医学ラボは、複雑なマトリックスに含まれる微量の規制成分を高い信頼性で確認し、定量するといった課題に直面しています。ここでは、30 を超える既知の合成カンナビノイドのうち、代表的な 17 種類のサンプルを分析し、トリプル四重極 GC/MS による分析メソッドの適用性を示します。このメソッドが持つ選択性によりマトリックス効果が軽減され、S/N 比が向上するため、分析結果の信頼性が大幅に高まります。また、このメソッドでは、質量スペクトルデコンボリューションなど、データ取り込み後の処理も不要になります。

分野 法医学
キーワード 合成ハーブ、 脱法ドラッグ、 カンナビノイド、 ハーバルインセンス、 法医学、 マトリックス、 GC/MS 
掲載年月 2012/02
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 987kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
トリプル四重極 GC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

100 ng/mL の標準混合物の MRM 全イオンクロマトグラム。
17 種類のすべての合成カンナビノイド標準を
容易に検出可能