トリガー MRM :アジレントトリプル四重極 LC/MSシステムを使用した同時定量/定性

Pub.No. 5990-8461JAJP

トリガー MRM :アジレントトリプル四重極 LC/MSシステムを使用した同時定量/定性(技術概要)

トリガー MRM (tMRM) 法を用いた取り込みは、全てのアジレントのトリプル四重極LC/MS システムで使用可能な分析メソッドです。tMRM 法は、MRM とプロダクトイオンスペクトルを組み合わせたもので、ライブラリによる同定や確認に最適です。tMRM分析によって分析時間が短縮され、スループットが向上し、迅速で感度の高い定量および定性分析を 1 台の機器で 1 回の分析で実行できるようになります。

分野 環境食品
キーワード トリガーMRM、tMRM、 LC/MS、 LC/MS/MS、 LC、 ライブラリ、同定、 
掲載年月 2013/09
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 591kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 6400 シリーズ トリプル 四重極 LC/MS システム

見積フォームを開く