水溶液サンプル中ヨウ素 129 の超微量分析

酸素リアクションモードを用いた7700x ICP-MS による水溶液サンプル中ヨウ素 129 の超微量分析

Pub.No. 5990-8171JAJP

【要旨】

オクタポールリアクションシステム (ORS) ICP-MS の酸素リアクションモードを用いて、ICP-MS による放射性ヨウ素 129 の測定法を開発しました。リアクションガスに酸素を使用することで、プラズマを構成する Ar ガス中不純物の Xe と、共存する 127 に起因する多原子イオン 127IH2+ に由来する m/z 129 に対するバックグラウンドシグナルを除去することができました。異なる 129I/127I 比の、複数の濃度の NIST SRM 標準試料について、良好な分析結果が得られ、129I について1.1 ppt の検出下限が得られました。このメソッドは水溶液サンプルに対して特別な前処理を必要とせず、高いサンプルスループットが実現できます。

分野 エネルギー&石油
キーワード 7700s、 ORS、 ORS3、 oxygen、 、 helium、 He、 NAA、 xenon、 NIST 3、ICP-MS、 オクタポール、 放射性ヨウ素、ヨウ素 
掲載年月 2012/01
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 915kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7700x ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

No 32 環境試料中ヨウ素 129 迅速分析法 (上) と
本報 (下) の検量線と定量下限値の比較