胡桃油中フタル酸のゲル浸透クロマトグラフィー分析

Agilent EcoSpheres を用いた胡桃油中フタル酸のゲル浸透クロマトグラフィー分析

Pub.No. 5990-7623JAJP

【要旨】

クルミ科のブラックウォルナットから取れる胡桃油は、繊細なナッツの香りで知られる高品質オイルで、調理によく使用されます。胡桃油はおもにフランスで生産され、保管方法が不適切だと変質することもある高価な商品です。このアプリケーションノートでは、品質管理手順の一環として、胡桃サンプルからフタル酸添加物を分離し、フタル酸の量や種類を測定する方法を紹介します。

分野 食品環境
キーワード フタル酸、 クルミ、 胡桃、 EcoSphere、 サンプル前処理、 GPC、 LC、 ゲル浸透クロマトグラフィー 
掲載年月 2012/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 96kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

EcoSpheres (マイクロポーラス充填剤) を用いたゲル浸透クロマトグラフィーにより得られた添加および非添加胡桃油サンプルのクロマトグラムの重ね表示。フタル酸が胡桃油から分離していることが明らかに示されています。これにより、小さい分子量の成分を分離し、分析することが可能になります