Agilent EnviroPrep を用いた農薬分析における1 ステップ抽出精製

Agilent EnviroPrep を用いた農薬分析における1 ステップ抽出精製

Pub.No. 5990-7585JAJP

【要旨】

Agilent EnviroPrep GPC は、ポアサイズが比較的小さく(100Å)、排除限界が低い(4,000g/mol) ことから、分取アプリケーションに最適なカラムです。粒子径分布の最適化により、高い分離能とローディング性能(この分析では各成分のオンカラムローディングが10 mg 以上) が実現しています。

分野 環境食品
キーワード 農薬分析、分取、EnviroPrep、抽出、精製、分離能、GPC、 
掲載年月 2012/04
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 94kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1260 Infinity アイソクラティックポンプ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

2 つのカラムで構成されるEnviroPrep カラムセットにおいて、5 成分混合物が良好に分離されています。この分離結果は、分子量の小さい分析対象成分と、分子量の比較的大きい成分を容易に分離できることを示しています