ゲル浸透クロマトグラフィーによるサンプル精製

Agilent EcoSpheres を用いたゲル浸透クロマトグラフィーによるサンプル精製

Pub.No. 5990-7583JAJP

【要旨】

ゲル浸透クロマトグラフィー (GPC) を用いれば、高分子量の干渉化合物から汚染物質を簡単に分離し、その後の分析のために回収することができます。再現性の高い Agilent EcoSpheres を使えば、植物や動物の組織といった複雑な生物学マトリックスからサンプルを精製することが可能です。

分野 食品環境
キーワード GPC、 Ecosphere、 GEL、 ゲル浸透クロマトグラフィー 
掲載年月 2012/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 111kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

EcoSpheres を用いたゲル浸透クロマトグラフィーによる5 成分テスト用ミックスの分離。全成分が分離されていることは、EPA 3640A で規定されるアプリケーションにおける EcoSpheres の適合性を示しています。