カセット分析と極性切り替え方式を併用した代謝安定性評価

超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC) とトリプル四重極LC/MS システムによるカセット分析と極性切り替え方式を併用した代謝安定性評価

Pub.No. 5990-4469JAJP

【要旨】

本アプリケーションノートでは、Agilent 1290 Infinity LC システムと Agilent 6460A トリプル四重極 LC/MS を用いて、カセット分析と高速極性切り替え方式を併用して代謝安定性を評価した場合の分析性能を示します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード LC、 LC/MS、 LC/MS/MS、 トリプル四重極LC/MS、 高速分析、代謝分析、UHPLC 
掲載年月 2010/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 444kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1290 Infinity LC (上)
Agilent 6460 LC/MS (下)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

1.5 mL/min と1.0 mL/min の流量を使用して得られたMRM クロマトグラム、データ品質、および分析時間