飲料水分析における Agilent 7700x/7800 ICP-MS の優位性

飲料水分析における Agilent 7700x/7800 ICP-MS の優位性

Pub.No. 5990-4315JAJP

【要旨】

飲料水に含まれる微量金属に関するルーチン環境分析においては、Agilent 7700x/7800 ICP-MSの第3 世代のオクタポールリアクションシステム(ORS3) テクノロジーが威力を発揮します。実績のあるAgilent 7500 シリーズICP-MS のセルテクノロジーを見直して再設計を行い、7700x ICP-MS では多原子イオン干渉を除去するためのヘリウム(He) 衝突モードの性能が著しく改善されています。He モードはシンプルで普遍性があるため、7700x/7800 ICP-MS では、サンプルの予備知識および複雑な干渉補正式を使用せずに、同一の条件で多原子イオン干渉をすべて除去できます。その結果、測定メソッド作成が簡単になり、検出限界が下がり、分析時間が短縮できます。特に、鉄およびセレンに影響するアルゴンプラズマ起因干渉物の場合に、干渉除去が改善されました。He モードでも、20ppt 未満のセレンの検出限界を常に実現できます。

分野 環境食品
キーワード 飲料水分析、上水、多原子イオン干渉、イオン、ヘリウム、ORS、コリジョン、セレン、ICP-MS、5990-4315JAJP、 7800、 7700 
掲載年月 2015/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 770kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7800 ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

飲料水メソッドにおける代表的な検量線。