ファインケミカルに含まれる不純物のスクリーニング

Agilent 1290 Infinity LC システムによるファインケミカルに含まれる不純物のスクリーニング

Pub.No. 5990-4293JAJP

【要旨】

ダイオードアレイ検出器 (DAD) を備えた Agilent 1290 Infinity LC システムを使用して、オクチルジメチル-p-アミノ安息香酸に含まれる不純物を分析しました。カラムには、600 bar (9000 psi) または 1200 bar (18,000 psi) で使用可能な 1.8 μm の充てん剤を充てんした種々の長さの内径 3.0 および 2.1 mm の ODS を使用しました。高速分析条件で、長い高分離能カラムを粘性の低いアセトニトリル (ACN) および粘性の高いメタノール (MeOH) を移動相として使用した場合の 1290 Infinity LC システムの性能を示します。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)エネルギー&石油製薬/バイオ医薬品
キーワード オクチルジメチル-p-アミノ安息香酸、 アセトニトリル (ACN)、 メタノール (MeOH)  
掲載年月 2009/12
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 386kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1290 Infinity LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

有機溶媒としてメタノールを使用した場合の
Agilent ZORBAX SB-C18 RRHD、
2.1 mm × 100 mmによる分離。
5 % 〜100 %メタノール/ 5.7 分。
流量0.52 mL/min、グラジエント時間5.7 分。