スクリーニングと同定のための農薬用ダイナミックMRM 化合物データベース

Agilent トリプル四重極 LC/MS システムを用いたスクリーニングと同定のための農薬用ダイナミックMRM 化合物データベース (テクニカルノート)

Pub.No. 5990-4255JAJP

【要旨】

農作物を保護するため、1000 種類を超える農薬が広く使用されています。認可および推奨された使用量を超えて農薬を使用すると、農薬由来の化学物質が環境中や食料に残留する可能性があります。環境と人々の健康を守るには、これらの物質の検出と同定を行うことが極めて重要です。トリプル四重極を用いた液体クロマトグラフィ/タンデム質量分析法(LC/QQQ) は、複雑なサンプルに対して最高の感度で優れた選択検出が可能で、農薬分析ニーズに適しています。最大の感度と選択性を発揮するには、システムをマルチプルリアクションモニタリング(MRM) モードで実行する必要があります。

分野 環境食品
キーワード 農薬、食品、環境、トリプル四重極、LC/MS、LC/MS/MS、MRM、LC、 
掲載年月 2010/05
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 342kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent トリプル四重極 LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

データベースブラウザで 「Show results summary」 チェックボックスを選択した場合の農薬データベースの表示画面