Agilent マルチモード注入口(MMI) による検出限界の改善

Agilent マルチモード注入口(MMI) による検出限界の改善

Pub.No. 5990-4169JAJP

【要旨】

本アプリケーションノートでは、マルチモード注入口で使用可能なホットスプリットレス、コールドスプリットレス、および溶媒ベントモードの 3 つの注入方法について解説します。コールドスプリットレスや溶媒ベントモードの注入を使用すると、大容量注入(LVI)により、検出限界を下げることが可能です。2 μL のホットスプリットレス、10 μL のコールドスプリットレス、および25 μL の溶媒ベントモードを使用した40 ppb の農薬標準試料のトータルイオンクロマトグラムを重ね描きした結果、LVI を使用するとS/N 比が改善されることが分かりました。

分野 環境
キーワード 注入口、スプリット、スプリットレス、マルチモード注入口、農薬、GC、サンプル注入、PTV、 LVI、 MMI、 7693、 7693A 
掲載年月 2010/02
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 469kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent マルチモード注入口
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

3 つの注入モードで得られたトータルイオンクロマトグラム (TIC) の重ね描き (すべて同じスケールでプロット)