カラムの小型化による溶媒消費量の削減

カラムの小型化による溶媒消費量の削減

Pub.No. 5990-3882JAJP

【要旨】

LC カラムの内径 (ID)、長さ、および粒径を減らすことにより、溶媒消費量を最大 86% 削減し、1 回あたりの分析時間を最大 67% 短縮することができます。本実験では、ZORBAX Eclipse Plus C18 を使用し、ダイエット炭酸飲料のアイソクラティック分離とヒッコリー燻製調味料のグラジエント分析を行いました。
カラムの内径 (ID)、長さ、および粒径のうち 1 つ、2 つ、または 3 つすべてを減らしたカラムに置き換えることにより、溶媒消費量の削減および分析時間の短縮を実現できることを示しています。

分野 食品
キーワード 溶媒消費量、ダイエット炭酸飲料、ヒッコリー燻製調味料 
掲載年月 2009/10
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 867kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Zorbax Eclipse Plus C18 カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ダイエット炭酸飲料のアイソクラティック分離に
ソルベントセーバ Eclipse Plus C18 カラムを
使用することで移動相を 57 % 削減