LC/MS システムによる血漿中のオキシコドンとその代謝物の分析

ZORBAX StableBond SB-C18 LCカラムを使用したLC/MS システムによる血漿中のオキシコドンとその代謝物の分析

Pub.No. 5990-3815JAJP

【要旨】

高速液体クロマトグラフ/質量分析(HPLC/MS) 法とAgilent ZORBAX Rapid Resolution High Throughput (RRHT) StableBond SB-C18 カラムによるクロマトグラフ分離を組み合わせることによってオキシコドンとその酸化代謝物(ノルオキシコドン、オキシモルホン、ノルオキシモルホン) を分析します。このメソッドでは、酢酸アンモニウム/アセトニトリルのグラジェントを利用し、質量分析計による検出をエレクトロスプレーポジティブイオンモードで行います。スパイク添加したヒト血漿サンプルは、LC/MS 分析の前に固相抽出を行います。このメソッドは、高速かつ効率的な分析および最小限の溶媒使用量によって生産性を高めると同時に、すべての化合物について良好な直線性(R2 >0.9900) と再現性(反復分析間の差異は10% 未満) を実現します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード オキシコドン、LC/MS、LC、ZORBAX、酸化代謝物、RRHT、5990-3815JAJP 
掲載年月 2009/12
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 190kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ZORBAX StableBond カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

50 ng/mL のオキシモルホン(1) とノルオキシコドン(3)、5 ng/mL のオキシモルホン(2) とノルオキシモルホン(4)、および40 ng/mL の内部標準、d6-オキシコドン(*)をスパイクしたヒト血漿サンプル。