GC/MS システムと Agilent Fiehn GC/MS メタボロミクス RTL ライブラリによる血漿中の代謝物同定

GC/MS システムと Agilent Fiehn GC/MS メタボロミクス RTL ライブラリによる血漿中の代謝物同定

Pub.No. 5990-3638JAJP

【要旨】

ガスクロマトグラフィー/質量分析法 (GC/MS) は、高い分離能と感度をメタボローム研究に提供します。メタボロームスクリーニングの有用性は、同定される代謝物の数と、それらの生物学的解釈へつながるリンクよって大きく左右されます。多くの場合、こうした代謝物の同定は難しいステップです。最新版の Agilent Fiehn GC/MS メタボロミクス RTL (リテンションタイムロッキング) ライブラリは、特に代謝物の同定を容易にすることを目的として開発されたものです。

分野 メタボロミクス
キーワード メタボローム研究、RTL (リテンションタイムロッキング) ライブラリ、代謝物同定 
掲載年月 2009/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 885kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS(7890A、5975C)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ヒト血漿中の代謝物の同定 (メトキシム化およびトリメチルシリル化した後にGC/MS 分析を実行し、Agilent Fiehn ライブラリを使用して分析結果を照合)
中央のパネル:全イオンクロマトグラム (1:10 のスプリット注入)
上のパネル : Agilent ChemStation において PBM クイックサーチを使用したコレステロールの同定
下のパネル : NIST MS 検索システムおよびリテンションタイム情報を使用したグルコース 2 の同定