Agilent 1200 シリーズ蒸発光散乱検出器 (ELSD) による生薬製剤の分析

Agilent 1200 シリーズ蒸発光散乱検出器 (ELSD) による生薬製剤の分析

Pub.No. 5990-3412JAJP

【要旨】

本アプリケーションノートでは、バイモ (貝母、Bulbus Fritillariae Thunbergii)、チモ (知母、Rhizoma Anemarrhenae)、サンキンヘン (三金片、Sanjin Tablet)、ジフシ (地膚子、Fructus Kochiae)、フウ (路路通、Fructus Liquidambaris) という 5 つの生薬とその製剤を対象として開発された HPLC 分離メソッドについて説明します。各 HPLC メソッドの分離能は各製剤の最大成分数に合わせて最適化されたものです。サンプルの前処理法についても説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード バイモ (貝母、Bulbus Fritillariae Thunbergii)、チモ (知母、Rhizoma Anemarrhenae)、サンキンヘン (三金片、Sanjin Tablet)、ジフシ (地膚子、Fructus Kochiae)、フウ (路路通、Fructus Liquidambaris)  
掲載年月 2009/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 466kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1200 シリーズ 蒸発光散乱検出器(ELSD)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

フウのクロマトグラム (ELSD 検出器(赤) と
UV チャンネル (青) のクロマトグラムの重ね書き)