非栄養食品添加物の選択的分析

Agilent ZORBAX Eclipse Plus C18、Eclipse Plus Phenyl-Hexyl、Eclipse XDB-Phenyl、StableBond SB-Phenyl カラムを使用した非栄養食品添加物の選択的分析

Pub.No. 5989-9951JAJP

【要旨】

3.5 ミクロン ZORBAX Eclipse Plus C18、Eclipse Plus Phenyl-Hexyl、Eclipse XDBPhenyl、およびStableBond SB-Phenyl Rapid Resolution カラムをアイソクラティック溶媒システムとともに使用して、9 種類の一般的な食品添加物を分析しました。pH 2.5 の 20 mM リン酸緩衝液または 0.2 パーセントのギ酸とともにメタノールまたはアセトニトリルが含まれている移動相を使用しました。

用いたすべてのカラムで優れたピーク形状が得られましたが、C18 と各種フェニルカラム (特に Eclipse Plus Phenyl-Hexyl カラムと StableBond SB-Phenyl カラム) を比べた場合に、選択性と分離能に差が見られました。また、選択性の違いとピーク形状は、ギ酸移動相修飾剤を使用した場合も保持されました。ギ酸を使用すると、マススペクトロメトリーを使用して未知の物質を検査できます。

分野 食品
キーワード 食品添加物、アイソクラティック、アセトニトリル、ZORBAX Eclipse Plus C18、Eclipse Plus Phenyl-Hexyl、Eclipse XDB-Phenyl、StableBond SB-Phenyl カラム 
掲載年月 2009/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 411kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Zorbax Eclipse Plus C18 カラム /
Agilent 1200 シリーズ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

30% メタノールと 70% 20 mM リン酸緩衝液、pH 2.5 を使用した
C18 および各種フェニルカラムでの添加物の
選択性。流量は 1.5 mL/min でした。