ヒト・ポリクローナル IgG の迅速な定量

アジレントHPLC 用バイオモノリスプロテインA カラムによるヒト・ポリクローナルIgG の迅速な定量

Pub.No. 5989-9733JAJP

【要旨】

プロテインA は、黄色ブドウ球菌の免疫グロブリンFc 領域(IgG) 受容体で、ポリクローナル/モノクローナルIgG との強い親和性を持つタンパク質です。IgG の分取/生産スケールの精製には、固定化したプロテインA 受容体をクロマトグラフィー媒体で分離する方法が一般に使用されています。プロテインAクロマトグラフィーでは、高い選択性と回収率により、複雑な混合物からIgGをワンステップで分離できます。また、選択性と回収率が高いという同じ理由から、プロテインA クロマトグラフィーは分析スケールでの利用も可能です。HPLC 用バイオモノリスプロテインA カラムを使用すれば、複雑な混合物や純粋なサンプルに含まれるIgG の分析分離/定量作業を高速化できます。ここでは、簡単なメソッドを紹介して、実際にバイオモノリスプロテインA カラムがヒト血漿からのポリクローナルIgG の分析分離/定量に利用できることを示します。ここに示すメソッドは、大規模なIgG 生産の全工程にわたる発酵力価のモニタリングにも使用できます。

分野 製薬/バイオ医薬品プロテオミクス
キーワード プロテイン、プロテインA、 IgG、ポリクローナル、バイオモノリス 
掲載年月 2010/02
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 269kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
バイオモノリスカラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

流量に左右されないバイオモノリスプロテインA カラムによるIgG 溶出プロフィール