Agilent ZORBAX カラムの独特な選択性を用いた、有害アゾ色素アミンの分離

Agilent ZORBAX Eclipse Plus Phenyl-Hexyl および StableBond Phenyl カラムの独特な選択性を用いた、有害アゾ色素アミンの分離

Pub.No. 5989-8542JAJP

【要旨】

MS に対応する移動相グラジエントを備えた Agilent ZORBAX Eclipse Plus Phenyl-Hexyl カラムを用いて、アゾ色素から生じる可能性のある 9種類の芳香族アミンを分離しました。その後、2次LC定量手法として、使用カラムを Agilent ZORBAX Stable-Bond Phenyl カラムに代えて選択性を大きく変化させました。2つのフェニル相は異なる化学特性を持ちます。そのため、この 2つのカラムは、フェニル基を含むアミンの分離に適した組み合わせと言えます。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード Agilent ZORBAXEclipse Plus Phenyl-Hexyl カラム、アゾ色素、芳香族アミン、2次LC定量手法、Agilent ZORBAX Stable-Bond Phenyl カラム、5989-8542JAJP 
掲載年月 2008/10
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 553kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1200 シリーズ Rapid Resolution LC システムと LC カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

2種類のAgilent ZORBAXフェニルカラムにおける
芳香族アミンの異なる選択性