Time-of-Flight LC/MS を用いたオオミジンコ飼育水中からのカイロモン同定

Time-of-Flight LC/MS を用いたオオミジンコ飼育水中からのカイロモン同定

Pub.No. 5989-8387JAJP

【要旨】

ミジンコのカイロモンは緑藻に形態変化を生じさせます。冷凍ミジンコ(Daphnia pulex)から単離・構造決定された活性化合物の1 つ(8-methylnonyl sulfate)がオオミジンコ(Daphnia magna)飼育水から直接同定されました。メチレンブルー法で濃縮後に、エレクトロスプレーイオン源を付けたTime-of-Flight LC/MS を用いて実験は行なわれました。

分野 環境
キーワード LC/MS、TOF、6210、LC、5989-8387JAJP 
掲載年月 2008/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 323kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6210 Time-of Flight LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

化学構造と、標準品の[M-H]– と
硫酸エステル共通フラグメントのマスクロマトグラム

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

オオミジンコ飼育水のトータルイオンクロマトグラムと
マスクロマトグラム