Agilent 7500cx ICP-MS を用いた高マトリクス環境サンプルの高速分析

Agilent 7500cx ICP-MS を用いた高マトリクス環境サンプルの高速分析

Pub.No. 5989-7297JAJP

【要旨】

オクタポールリアクションシステム(ORS) を搭載した新しいAgilent 7500cx は、ヘリウムモードだけを用いて、標準的な環境サンプルを分析できます。Hg やNa、K、Ca、Mg、Al、Fe などの主要元素を含む環境保護に関する元素について、すべてのマトリクス起因による干渉を除去または低減する条件下で、1 サンプルあたり2.5 分以内で分析することを初めて可能にしました。

分野 環境
キーワード ICP-MS、 ORS、 高マトリクス、ヘリウムモード、7500、5989-7297JAJP 
掲載年月 2008/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 454kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7500cx
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

シーケンスにわたり50 ppb CCV の
サンプル(n = 25) の測定結果。
縦軸:測定濃度(ppb) 横軸: CCV 繰り返し回数
米国EPA の許容認証値は± 10% (つまり、45 ~ 55 ppb)