LC/TOF-MS による菌抽出物の二次代謝物に関する迅速分析-菌特性解析の新たな方法

LC/TOF-MS による菌抽出物の二次代謝物に関する迅速分析-菌特性解析の新たな方法

Pub.No. 5989-6820JAJP

【要旨】

LC/TOF-MS を用いて菌の二次代謝物の新しい研究方法を開発しました。培養した菌を溶媒抽出し、LC/TOF-MS で直接分析しました。465 の二次代謝物をデータベース検索することで、マイコトキシンとその他の対象化合物を容易に同定することが可能です。20 種類のマイコトキシン標準試料を用いて培地にスパイクし、溶媒抽出物中のこれらの毒素を同定することでメソッドをバリデーションしました。その結果、7 つの異なる菌を用いて、3 つの異なる培地で7 ~ 14 日間培養後、予想された代謝物を容易に同定できました。

分野 食品
キーワード マイコトキシン、菌特性解析、LC/MS、TOF、 5989-6820JAJP 
掲載年月 2008/01
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 338kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6210 TOFMS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

LC/TOF-MS によるA. flavus からの抽出物