Agilent 355 化学発光硫黄検出器(SCD):銅板腐食試験との比較

Pub.No. 5989-6783JAJP

Agilent 355 化学発光硫黄検出器(SCD):銅板腐食試験との比較

銅板腐食試験(ASTM 1838) は、液化石油ガス(LPG) の製品仕様として一般的に使用されます。試験は、製品と接触する銅や銅合金フィッティングを腐食する可能性のある成分を検出するように設計されています。化学発光硫黄検出器(SCD)を搭載したガスクロマトグラフは、LPG 中に存在する、さまざまな硫黄化合物のすべてを同定および定量する迅速な方法を提供します。

分野 エネルギー&石油
キーワード ASTM、LPG、SCD、GC、989-6783JAJP 
掲載年月 2007/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 159kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 160KB)

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 355 化学発光硫黄検出器 (SCD)

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

硫化水素とスルホランの検出