LC/MS/MS によるペルフルオロオクタン酸の定量分析

LC/MS/MS によるペルフルオロオクタン酸の定量分析

Pub.No. 5989-6577JAJP

【要旨】

Agilent 6410 トリプル四重極質量分析計(QQQ) を用いて、ペルフルオロオクタン酸(PFOA) の分析を行いました。10mM の酢酸アンモニウムを含む水とメタノール溶媒のみを用いて、ラピッドレゾリューションハイスループットC18 カラム(粒径1.8 μm) で、アイソクラティック分離を行いました。PFOA の標準液の溶出時間は、わずか2.3 分です。濃度9 fg/μL で5.5 % RSD の優れたピーク面積再現性により、9 fg/μL ~ 150 pg/μL の4 桁を超える良い直線性が示されました。この濃度でのピーク間のS/N 比の平均値は、7.2 です。地表水抽出物についても同等の感度が予想されます。

分野 環境
キーワード 6410、トリプル、LC/MS/MS、四重極質量分析計、QQQ、RRHT、ペルフルオロオクタン酸、5989-6577JAJP 
掲載年月 2008/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 392kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 シリーズ トリプル Quad LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

PFOA の検量線。9 fg/μL と15 fg/μL での各9 回の注入と、150 fg/μL での1 回の注入結果を示しています。

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

調査した最低濃度での優れた感度と再現性

分析結果の一例

分析結果の一例3 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

濃度1,500 pg/μL、あるいはオンカラム15 ng で、シグナル飽和が見られます。