Agilent オクタポールリアクションシステムとヘリウムコリジョンモードを使用したICP-MSでのスペクトル干渉の一斉除去

Agilent オクタポールリアクションシステムとヘリウムコリジョンモードを使用したICP-MSでのスペクトル干渉の一斉除去

Pub.No. 5989-4905JAJP

【要旨】

多くのルーチンの分析機関は、ICP-MSが多元素同時分析装置として操作が簡単なため、金属分析のための主要技術として採用してきた。しかしながら、マトリクスによる固有の干渉の除去性能が高いにもかかわらず、コリジョン/リアクションセル(CRC)ICP-MSは、どちらかといえば、他の多元素同時分析装置の代役として考えられている。このレポートは、Agilent7500ce ICP-MS を用い、困難とされてきた複雑なサンプルマトリクスでの測定対象元素への干渉をHeコリジョンガスの1条件だけで効果的に除去できることを述べる。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード コリジョン/リアクションセル、ORS、多元素分析、 5989-4905JAJP 
掲載年月 2006/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 797kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7500ce
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ヘリウムコリジョンモードによる複雑なマトリックスサンプル
(a)V、Cr、Fe、Mn、Ni、Co、Cu、Zn、Ge、As、
およびSe 5 ppb をスパイク
(b)スパイクなし。信号レンジは5.0E4(挿入図は5.0E3)