7500ce ORS ICP-MS によるガソリンに含まれる元素の直接測定

7500ce ORS ICP-MS によるガソリンに含まれる元素の直接測定

Pub.No. 5989-4147JAJP

【要旨】

Agilent 7500ce ICP-MS は、ガソリンの元素分析に優れた分析ツールである。多元素一斉分析において優れた検出限界が得られ、オクタポールリアクションシステム(ORS) により、サンプル中に含まれる全ての測定対象元素を直接測定でき、ガスモードとノンガスモードの両方を比較したデータにより、干渉低減にORS が有効であることを検証。

分野 エネルギー&石油
キーワード 7500ce、 ORS、 ガソリン、 石油化学、 5989-4147JAJP 
掲載年月 2006/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.39MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7500ce
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

1a) マグネシウム検量線(ノンガスモード)。
C2 干渉のため、
定量値196.6 μg/kg での値の逸脱に注目(左図)。
1b) マグネシウム検量線(H2 モード)
定量値9.24 μg/kg の値に注目(右図)。