ニッケル合金の生産管理に使用するレーザアブレーション(LA)-ICP-MS

ニッケル合金の生産管理に使用するレーザアブレーション(LA)-ICP-MS

Pub.No. 5989-3254JAJP

【要旨】

InCoTest (Special Metals Wiggin Ltd. の試験部門) はニッケル合金の生産管理にLA-ICP-MS を評価し、幅広い範囲の微量元素をより低いレベルで検出し、コントロールできることを確認しました。異なる分析技法を使用して取得したデータが比較され、すべての事例について、LA-ICP-MSを使用して取得した検出下限、正確さ、回収率、および長期的な安定性は許容範囲内でした。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード ニッケル合金、 超合金、 レーザーアブレーション、 ICP-MS、 7500、 MACRO レーザー、 5989-3254JAJP  
掲載年月 2006/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 709kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent7500a
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ニモニックNi合金Standard 5657
(中空陰極管発光分光分析のQC チェック基準試料に使用)
のLA-ICP-MSによる分析結果。
中空陰極管発光分光による結果と比較