漢方薬の分析に対する従来型 ICP-MS と ORS-ICP-MS の有効性の評価

漢方薬の分析に対する従来型 ICP-MS と ORS-ICP-MS の有効性の評価

Pub.No. 5989-2570JAJP

【要旨】

全世界的に、薬草および薬草抽出製品を使用した伝統的医薬の果たす役割がこれまで以上に大きくなってきています。このアプリケーションノートでは、誘導結合プラズマ質量分析 (ICP-MS) を使った漢方薬(TCM:Traditional ChineseMedicines)の無機成分を解析するメソッドの開発について説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 7500 Series、ORS、RoHS、漢方薬、ICP-MS、5989-2570JAJP 
掲載年月 2005/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 227kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

CRM の保証値および7500a ICP-MS(非セル型)の測定値