LC/MSD TOF精密質量分析を用いた尿中麻酔薬成分の定量分析

LC/MSD TOF精密質量分析を用いた尿中麻酔薬成分の定量分析

Pub.No. 5989-2206JAJP

【要旨】

液体クロマトグラフィ/飛行時間型質量分析計を用いて、濃度6 ng/mLレベルの尿サンプルの定量分析を行ないました。選択性を高める精密質量分析の利点を紹介します。検出限界はカラムへの注入量で2 pg、S/N比は5:1です。

分野 法医学
キーワード LC/MS、 TOF、 SPE、 TIC、 LC/MSD TOF、 5989-2206JAJP  
掲載年月 2005/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 139kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6220 Accurate TOF LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

各麻酔薬成分のM+Hイオンの質量スペクトル。
カラムで分離した2pgでの高分解能および
質量測定精度が示されています。