バキュロウィルスベクターの力価測定

A new method for the calculation of baculovirus titre using the Agilent 2100 bioanalyzer and the flow cytometry kit (バキュロウィルスベクターの力価測定)

Pub.No. 5989-1644EN

【要旨】

昆虫細胞でのたんぱく質発現で多く用いられるバキュロウィルスベクターについて、バイオアナライザセルアッセイを用いて、簡便かつ再現性よくウィルスの力価を測定する方法を紹介している。pFastBac Dual のマルチクローニングサイトにGFP を導入した GFP 共発現プラスミドを構築し、DH10Bac を介して bacmid を Sf21 細胞に導入させたのち、CBNF で染色を行った後セルアッセイで検出する。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード バキュロウィルス、昆虫細胞、ウィルス力価測定、GFP、carboxynaphthofluorescein diacetate (CBNF) 
掲載年月 2004/09
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 237kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

GFP infected Sf21 cells analyzed by the Agilent 2100 bioanalyzer.