G1888 ネットワークヘッドスペースサンプラを用いた医薬品中の残留溶媒測定

G1888 ネットワークヘッドスペースサンプラを用いた医薬品中の残留溶媒測定

Pub.No. 5989-1263JAJP

【要旨】

6890N GC/FID および5973 inert MSD にG1888 ネットワークヘッドスペースサンプラを接続し、規制残留溶媒の測定に用いました。各種濃度(公表された許容基準濃度未満を含む)の混合標準液を用いて、システムパフォーマンスを実証しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード ICH、 USP 467、 class 1、 class 2、 G1888、 residual solvents、 pharmaceuticals、 headspace、5989-1263JAJP 
掲載年月 2004/09
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 606kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
G1888 ヘッドスペースサンプラ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

クラス1 の溶媒(医薬品の製造において使用を避けるべき溶媒)

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

クラス2の溶媒(医薬品中の残留量を規制すべき溶媒)

分析結果の一例

分析結果の一例3 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

クラス1 およびクラス2 の残留溶媒のクロマトグラム。G1888、6890NGC/FID およびボラタイル・インレット。