バイオアナライザを用いたマルチプレックス PCR の条件検討

Highly efficient multiplex PCR using novel reaction chemistry (バイオアナライザを用いたマルチプレックス PCR の条件検討)

Pub.No. 5988-9342EN

【要旨】

バイオアナライザ DNA キットと QIAGEN Multiplex PCR Master Mix を用いてマルチプレックス PCR の条件検討を行った。マルチプレックス PCR では複数のプライマーを用いるため、通常の PCR (0.2 - 0.5uM) に比べてプライマー濃度が高濃度 (2-4nM) になり、その結果プライマーダイマーや非特異的な増幅が起こる場合がある。ホットスタート法によりプライマーダイマーを減少させることができた。また、反応バッファー中の Mg++ 濃度の最適化により、増幅効率を上昇させることができた。

分野 ゲノミクス製薬/バイオ医薬品
キーワード GMO、genotyping 、マイクロサテライト(microsatellite)、tandem repeat、マルチプレックスPCR 
掲載年月 2003/04
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 190kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Effect of Hot Start on Multiplex PCR. Multiplex PCR of 13 targets (99–955 bp) was carried out for 35 cycles in a 50 μl reaction volume using the standard protocol in the QIAGEN Multiplex PCR handbook.