2μm以下の粒子(充てん剤)が高分解能高速HPLCに与える影響

2μm以下の粒子(充てん剤)が高分解能高速HPLCに与える影響

Pub.No. 5988-9251JAJP

【要旨】

新しく開発されたRRHT(Rapid Resolution High Throughput)カラムは2 ミクロン以下の充てん剤を使用しており、分離度の向上、分析時間の短縮が得られしかも耐久性に優れていました。従来の3.5μm充てん剤を使用したカラムに対して、約2 倍の効率を示しました。

分野 環境製薬/バイオ医薬品
キーワード 充てん剤、HPLC、RRHTカラム、5988-9251JAJP 
掲載年月 2003/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 119kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ZORBAX Rapid Resolution HT(RRHT)カラム(左) と ZORBAX Rapid Resolution 3.5μm カラム(右)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

SB-C18 RRHT カラムと3.5μm カラムの効率比較

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

異なる粒子径のカラムでの分離

分析結果の一例

分析結果の一例3 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

RRHT カラムの高速分離例