GFPをレポーターとした哺乳類細胞へのトランスフェクション効率の測定

Monitoring transfection efficiency by green fluorescent protein (GFP) detection with the Agilent 2100 bioanalyzer (GFPをレポーターとした哺乳類細胞へのトランスフェクション効率の測定)

Pub.No. 5988-4320EN

【要旨】

GFP をレポーター分子として使用する際の、哺乳類細胞への transfection 効率を測定した例。GFP をコードする発現ベクターを CHO-K1 細胞へ transfection する最適条件を調べました。 また、従来のフローサイトメータで得られたデータとの比較を行いました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード GFP、CHO-K1細胞、トランスフェクション効率 
掲載年月 2001/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 727kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Determination of transfection efficiency. CHO-K1 cells were transfected with pEGFP-C2. Cells were stained with the live cell dye CBNF and analyzed on the 2100 bioanalyzer and on a conventional flow cytometer.