2100 バイオアナライザを用いた前立腺がん研究におけるテロメラーゼ活性の測定

Agilent 2100 Bioanalyzer replaces gel electrophoresis in prostate cancer research (2100 バイオアナライザを用いた前立腺がん研究におけるテロメラーゼ活性の測定)

Pub.No. 5988-1086EN

【要旨】

これまでの研究より、癌細胞における染色体異常の原因として、DNA メチル化 (DNA 配列中のシトシン残基に特異的な修飾) パターンの変化が考えられた。そこで、テロメラーゼ発現と DNA メチル化との関連性を考え、染色体の安定性に関与する因子としてのテロメラーゼの活性を調べる手法を示した。
テロメラーゼとはヒトの染色体の両端にあるテロメアを伸長し、DNA 複製時のテロメアの短縮を防ぐ役割を担った酵素である。通常成人ヒト組織のほとんど (生殖細胞系・新しい組織を作る幹細胞以外) では発現が抑制されているが、腫瘍組織に多く発現しているため、癌マーカーとしての有用性も考えられる。
本例ではテロメラーゼに含まれる hTR (RNA) を RT-PCR で増幅した結果を示した。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 癌、エピジェネティクス、DNAメチル化、テロメラーゼ 
掲載年月 2000/11
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 406kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

PCR data analysis.