CP-FFAP CB

ガスクロマトグラフ

CP-FFAP CB

遊離脂肪酸の分析を保証するカラム

CP-FFAP CB は、遊離脂肪酸の分析を保証するカラムです。最高使用温度が250℃と高いことから、誘導体化をすることなく一度の測定でC2からC24の遊離脂肪酸を分析できます。化学結合型の液相を使用することで、酸による液相の崩壊を防いでいます。水や有機溶媒を大量に連続注入しても、カラムが傷むことはありません。

詳細はこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら