BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL Competent Cells Correct Codon Bias

BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL コンピテントセル:コドンバイアス修正用

  • コドンバイアスの問題を克服
  • すべての稀な E. coli コドンを発現
  • 難しいタンパク質発現
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

コドンバイアスによって引き起こされる問題

E. coli における組み換えタンパク質の発現は、組み換え遺伝子におけるコドン使用量がホスト細胞におけるコドン使用量と異なる場合には困難となります。E. coli がほとんど使わないコドンを用いて遺伝子を高レベルで強制的に発現させると、内部のtRNAプールが枯渇することになります。この現象はコドンバイアス(偏位)といわれています。これにより、組み換えRNAの翻訳が遅れて、RNAの分解またはコドンの置換、そして誤取り込みが起こり、そのタンパク質の機能的特性が破壊されることになります。この問題について最も詳しく報告されているのは、アルギニンコドンAGA および AGGです。これらは E. coli で最も稀なコドンです。ただし、イソロイシンのコドン (AUA)、ロイシンのコドン (CUA)およびプロリンのコドン(CCC) もまた、E. coli ホスト細胞で産生されるタンパク質の量や内容に影響することがわかっています(表1)。この問題を解決するために、アジレント(旧ストラタジーン)は他の生物によってより頻繁に必要とされる稀な E.coli tRNAsの供給を増やした、BL21-CodonPlusシリーズのコンピテントセルを開発しました。この修正により、コドンバイアスによって従来の E.coli では発現が困難であった多くのタンパク質の発現を飛躍的に向上させました。

ひとつの菌株ですべて出来ます

アジレント(旧ストラタジーン)のBL21-CodonPlus-RIPL コンピテントセル*E. coli には稀にしか存在しないtRNAsの供給量を向上しています。これらのtRNAsは他の生物によって頻繁に使用されるコドンに相当するものです。この斬新な宿主は稀なアルギニン、イソロイシン、ロイシンおよびプロリンのコドンを認識する argUileWeuY および proL tRNAs の余分なコピーを含んでいます。この菌株をご使用になれば、AT- および GC-リッチゲノム両方からのコドンバイアスによる発現問題も克服できます(図1)。

オリジナルBL21-CodonPlus 細胞

オリジナルのBL21-CodonPlus ‐RIL and RP 株はそれぞれAT-および GC-リッチのゲノム用に最適化されました。ご自身の配列のコドン使用量がお分かりの場合は、これらの菌株をご利用下さい。

Images

Click For Full Size
Codon Usage in Various Organisms Codon frequencies are expressed as codons used per 1000 codons encountered. The arginine codons AGG and AGA are recognized by the same tRNA and should therefore be combined. Codon frequencies of more than 15 codons/1000 codons are shown in bold to help identify a codon bias that may cause problems for high-level expression in E. coli. These frequencies are updated regularly. A complete compilation of codon usage of the sequences in the GenBank database can be found at www.kazusa.or.jp/codon/.
Superior Expression of Sequences with Codon Bias The human cardiac troponin-T gene (hcTnT) (argU dependent) and two test genes, CBP-3xI-Cre (ileW dependent) and CBP-3xP-Cre (proL dependent) were cloned into T7 expression vectors and expressed in either parental BL21(DE3) or BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL competent cells. As shown, BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL cells dramatically improve expression of proteins by overcoming codon bias compared to traditional BL21(DE3) cells and rescue expression of both AT- and GC-rich genomes.

資料検索

>>  Licensing

U.S. Patent No. 6,706,525 and patents pending

Codon usage:
Purchase of this product is accompanied by a limited use license to use the product as a reagent for research purposes. If Purchaser intends to use the product outside the scope of the license, he needs to enter into a License Agreement with F. Hoffmann-La Roche Ltd, Grenzacherstrasse 124, 4070 Basel, Switzerland or Hoffmann-La Roche Inc.

 
Product Catalog # Amount Price

BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL Competent Cells

230280 10 x 0.1 ml お問い合わせください Call
These cells contain extra copies of rare E. coli argU, ileY, leuW, proL tRNA genes which corrects for codon bias and dramatically improves expression of sequences from other organisms.
BL21-CodonPlus(DE3)-RIPL competent cells, pUC18 control DNA, XL10-GoldÒ BME
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)   マニュアル マニュアル